バイオグラフィー

福原希己江 / Fukuhara Kimie

福原希己江 / Fukuhara Kimie


1979年、羽田に生まれる。幼少の頃から歌が好きで、自宅で人知れず歌う日々を過ごす。

さらに映画、舞台への好きが高じ、 2001年に深川栄洋監督の初期作品に出演。(私が幸せになるということ第3話「だってだって・・・だってだってだってなんだもん」)それがきっかけとなり、本格的に音楽の世界へ没頭することを決心。

2002年ごろより、自分で曲が書けるということに気付き、作詞作曲を開始。カバー曲を織り交ぜながら、表現として、人前で歌を歌い始める。初ライブは四ツ谷天窓。その後、ユニットやバンドの中でも、ロック、ポップス、アシッドフォーク、ジャズなどを多数歌っていく。

2009年、本格的にソロでギター弾き語りをはじめ、毎月第4土曜日に西新橋の喫茶店「草枕」にて定期的に出演、ボサノヴァ、シャンソン、自作曲などを演奏している。

いろんな場所でちょこちょこと演奏する日々を過ごしていたある日、友人(不動産屋さん兼、旅人兼、敏腕サポーターの山田みきさん)のお誘いで、とあるパーティーで歌うきっかけをいただく、その席で松岡錠司監督(映画:バタアシ金魚、東京タワーの監督さん)に出会う。

その出会いから、およそ1年半後の月日を経て、「深夜食堂2」の挿入歌として音楽を使っていただけることになり、現在に至る。


マイスペース / www.myspace.com/fukuharakimie

ツイッター / @noronora

ブログ / 福原希己江「うたうたい日記」


CD 「おいしいうた」(TOWNTONE)
CDR 「笑門来福」(自主制作)
CDR 「のろのらのらねこ」(鳥獣虫魚レーベル)

販売場所:
三鷹 / おんがくのじかん & ShopTT
下北沢・京都 / JET SET TOKYO & KYOTO
京都 / SUN RAIN RECORDS
大阪 / 蒼月書房


RADIO SAKAMOTO オーディション

2010年01月放送「のろのらのらねこ」
2010年07月放送「詞(うた)」
2010年11月放送「チンジャオロース」
2011年03月放送「はねだ」

TBSドラマ《深夜食堂2》毎週火曜日放送(2011年10月18日〜12月20日)
挿入歌として。
第11話「できること」
第12話「唐揚げ」「詞(うた)」
第13話「あさりの酒蒸し」
第14話「なかないで」
etc…


ライブをしたことのある場所
おんがくのじかん(三鷹)・草枕(西新橋)・晴れたら空に豆まいて(代官山)・七針(八丁堀)・440(下北沢)・cafe Stay Happy(下北沢)・百音(高円寺)・ストロボカフェ(北参道)・Syu(藤野)